すばるな日々part2

スペシャルな末っ子と過ごす日々。いよいよ社会人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援会議

寝不足なはずなのに、大丈夫なのは感動が大きかったからでしょうか。
いやあ~、岡田ジャパン、いいチームでした。(過去形にしちゃったけど)

上の3人が中学生・高校生の頃
「勉強は個人のことだから、その気になればいつでもできる。今のチームで部活がやれるのは今しかない。そこで得た友人は一生の宝になる!」
とのポリシーで部活を応援してきた私です。(すば父もそこは同意)

試合終了後の涙に、いろんな想いがわき上がって、しばらく余韻に浸っていました。(まだ浸ってる)

昨日は、放課後、すばるの「支援会議」がありました。
学校(先生)、サポートセンター(児童デイ)、保護者(私)での話し合いです。
な~んと、進行が中学部長の先生で、予想以上に本格的?で驚いてしまいました。
個人面談みたいなものを想像していたので…

それぞれの情報を提供・共有して、同じベクトルで、すばるのよりよい支援をしていこうという話し合いです。
ありがたいですね~。
今年度になってからの、それぞれの場所での様子を話したりビデオを見せてもらったりして、それについて三者で話します。
家での様子・外出時の様子
学校での指導経過(4月に掲げて確認した目標について)・今後の見通し
センターでのアセスメント結果、支援内容
今までも、学校で、子ども達をたくさんのスタッフが支えてくれているんだなあ、と実感していましたが、
こうして細かい内容を見聞きするとあらためて感謝です。
ビデオがあると、さらにわかりやすいですね。
ハイになった時、どんなふうに落ち着けようとしているか。
作業の様子。
家では好きなことばかりしているようだけど、学校ではすばるなりにずいぶん頑張っているんだなあ。
センターでも、就労に結びつくような作業を練習(勉強)していましたが、スタッフが途中で巻き戻して
「ここ、見てください!」
手順を訂正させられ、怒っています。シャツをかんで…
2回目の訂正も同じ。
3回目、言われなくてもできました。
「ね、彼はちゃんと覚えたんですよ♪」
…もう、泣きそうでした(^_^;)
作業自体はとても簡単なものです。私たちから見れば。
すばるがやり直しがキライで怒ること、それをわかっているから淡々と(わざと淡々としている)指示を出していること、その上で出来たことをこうしてしっかり評価してくれていること。
先生方も同じスタンスで取り組んでくれていると思うので、当然のことかもしれませんが、母にはとてもとても嬉しい(ありがたい)ことなのです。
家で、こんなに細かく考えて育ててないなあ、と思って…

1時間ではとても時間が足りませんでした。(オーバーしちゃったけど)
支援会議の内容ももちろんですが、すばる一人のために、多くの人が一生懸命になってくれる、その事に感動した一日でした。
スポンサーサイト

コメント

IEPですね

こちらのIEP(個別学習指導案の会議)はそんな感じで、先生達(校長先生も会議に入ることも)と学校専門家がチームを組み、親も一員です。指導案最終同意は親がしないとできないことになっています。学校で上手く行っていること、家庭で上手くいっていること(またその反面)を情報交換するとよりよくなります。子供個人に経過報告と指導が作られ、いいチームだと波長がよくて好転するのです。しかし、メンバーがよくないと人だらけで訳がわからなくなります。うちの二人の子供のIEPは、非常に対照的です。

Sandieさんへ

こんばんは☆

いつも、Sandieさんの記事には「こんなこともあるんだ~!」と驚いたり感動したりです。
IEPって言い方も、初めて知りました。すばるが末っ子のせいか、療育にはあまり熱心でないため、詳しい知識がほとんどない私です。「あるがままを受け入れる」と言えば聞こえはいいですが、無知でいるよりは、情報を少しでも持って支援会議に出席したほうがいいよなあ、と思います。
「個別指導案」というのは学校で毎年作成してくれて、親の気持ち・考えもそこに反映されます。サポートセンターでも個別に作成してくれます。それぞれと親(私)が面談してきましたが、一堂に集まって話し合う経験は初めてでした。入学以来、いいチームに恵まれています♪
来週は、このチームにドクターが加わる予定です(^^)

こんばんは~^^

個別支援会議、お疲れ様でした♪
個別指導も年々手厚くなっていき、将来どの道を進むか選択肢が増えていくと良いですね^^

家でないから出来ること、ってありますよね。そういうのはそちらの専門にお任せしちゃってますv
親が手を出すことではないと勝手に都合良く考えていますね(笑)

うちの学校では個別指導計画は親と先生だけなんですよ。これに心理の先生あたりが加わってくれるといいんですけどね。
やっぱり、個別の目標なり課題を明確にして取り組むと方向性が定まってきますよね。
1時間も話し合いしてもらえるとは羨ましいです。

るおやんさんへ

こんばんは☆

そうなんですよ。「これしかできない、何もできない」じゃなくて、選択肢が増えてくれるといいんですけどね~。
実際は、どこもいっぱいらしくて。
卒業後の生活は、まったく想像できません。
すばるも、家や学校では「がんばる」と考えているようで、なかなか私の誘いには乗ってきません。この前、送ってくれたスタッフに「家でもこういうことがんばらせたいですか?」と聞かれた時に、「いやあ~、家ではのんびりでいいかなあ」なんて答えちゃったし(^_^;)
すばるが生活しやすくなる手だてを、いろいろ見つけていければなあ、と思います。

fightmamaさんへ

こんばんは☆

1時間でも足りなかったような…私があちこち脱線してしまうからかも…
学校ではいつも親と先生だけだったので、今回初めての経験でした。
それぞれ「よかった」と言っていたので、これからも積み重ねていければいいなあ、と思います。
私がのんびりしているもんで、気づかないことってたくさんあると思うんでうよね。

個別のファイルは本当に細かく情報提供していただいていますが、これを作成するのってすごく大変だと思います。ありがたいですね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://subarunahibi2.blog42.fc2.com/tb.php/243-7fcf77f9

 | HOME | 

プロフィール

Author:subamama
すばるも思春期まっただ中…

本館「プレアデス星団」
blog 「My sweet memories」
もよろしかったらお立ち寄りください。(リンク欄からどうぞ♪)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (648)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。