すばるな日々part2

スペシャルな末っ子と過ごす日々。いよいよ社会人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の電話

連休明けはたまった用事を片付けるのに忙しく、せっかく?デイサービスの日なのにゆっくりできなかった…
まあ、しかたありませんね。

大荒れの天気だったので、土曜日の午前中にちょっとだけ海沿いを散歩した以外は家でまったり過ごしたすばるです。
この頃、起きてすぐに食卓へ。
目覚めるために朝ご飯を食べてるのかなあ、と思うほどですが、起きてすぐに食べられるなんてすごい。
急いで(いつもですが)食べ終えたら、また布団に直行。
熟睡しています…なんてうらやましい…

夜はお父さんと男同士寝ててくれればいいんですが、いつも迎えにおりてきます。
昨夜も「洗い物すませたら行くからね~」って言ったら、
手伝おうとガチャガチャやっていました。ありがとう…

昨夜は次男から電話があったので、すばるを待たせたまま長電話してしまったんです。
何度も催促に来ましたが「すばるはおふとんにはいります」のメモを見て、あきらめて?上がって行きました。
ごめんね~。でも、たまのことだから

お兄ちゃん達は、仕事が終わった後に電話をくれるのでどうしても夜遅くになっちゃうんだよね。
起きているのは私だけなので、翌朝みんなに「元気そうだったよ~」と報告することになります。

特別支援学校は、どこもいっぱいになっていること
通常学級での支援は、いいスタッフに恵まれなければとても難しいことなんかも
ぽつぽつ話しました。
次男は
「国語や算数を習うのと同じように、特別支援というか、名前は考えるとして福祉分野の勉強をしたほうがいい。義務教育で。試験もちゃんとする。」
と言っていました。
「何より大事なことだろう。」って。
「差別、偏見がなくならないのは知らないから、慣れてないから。どう接していいかわからないままオトナになってしまう。」

障害があるって、生まれつきのこともあるし、病気や事故で突然ふりかかることもあるし。
自分だけじゃなく家族や知人も入れれば、たぶん身近なことになって来る。
高齢のために体がうまく動かなくなるのは自然なことなんだし。

本当に、身の回りにある自然なこととして小さい頃から受け入れることができていれば…
そういう実社会や現場の先生方の声が、お役所のほうに届いてもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメント

ホント

特別なことではないものね、障害。
田舎だともう一家に一人の割合でいてると言ってもいいくらい。
福祉の教育、福祉施設の充実にもっとお金使ってよ国・・・
なんてボヤキタクナル・・・

くめくめさんへ

私もいっつもボヤきたくなります~。

いろんなこと、「こうだったらいいのに…」って思うと、結局「予算がないから」ってことになるみたいで。
耳ざわりがいい方面にばかりお金遣って…

事業仕分けも、カタチだけじゃなくてしっかりやってもらいたいもんです。現場の事情をしっかり知ってもらいたいですが…(期待薄)

一家に一人…ホントそうかも。
これからの若い人達が理解なく育ってしまったら、切り捨てられる人が増えそうな気もします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://subarunahibi2.blog42.fc2.com/tb.php/200-0275286c

 | HOME | 

プロフィール

subamama

Author:subamama
すばるも思春期まっただ中…

本館「プレアデス星団」
blog 「My sweet memories」
もよろしかったらお立ち寄りください。(リンク欄からどうぞ♪)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (648)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。